【文五郎窯(ぶんごろうがま)】日本六古窯として日本遺産に認定された「信楽焼」♪

平成29年4月28日に、
「信楽焼(しがらきやき)」(滋賀県甲賀市)が、備前焼(岡山県備前市)、越前焼(福井県越前町)、瀬戸焼(愛知県瀬戸市)、常滑焼(愛知県常滑市)、丹波立杭焼(兵庫県篠山市)とともに、日本六古窯として連携して日本遺産に認定

今回は、そんな「信楽焼」を手掛ける会社、

【文五郎窯(ぶんごろうがま)】をご紹介♪

↓↓↓ご購入はこちらのサイトで↓↓↓


信楽焼の始まりは平安時代後期常滑焼の技術を取り入れ中世窯として発展したと考えられているが、未だ明確にはされていない。

一般に「古信楽」とは信楽焼の古陶。鎌倉時代から室町時代にかけて焼かれた壺や雑器。

室町時代の末頃までは壺、甕(たしらか=水を入れる土製素焼きの器)、擂鉢(すりばち)などが盛んに作られていたが、侘茶(わびちゃ=千利休が完成させた茶の湯一様式)の流行とともに、素朴で温みのある信楽焼は茶陶として愛され珍重されるようになります。

江戸時代の中頃、茶の湯の大衆化によって「信楽風」の器が京都で作られましたが、信楽では依然として壺、甕、擂鉢が生産の中心となり、江戸時代の末頃には畿内随一の陶業地となりました。

その後、金属製品の進出などによって信楽焼は不況の時代を迎え、それを打破すべくこれまで信楽では作られなかった建築タイル植木鉢傘立てなどさまざまな焼き物が製作されました。

有名な信楽の狸の置物が作られたのは明治十年頃からで、昭和天皇の信楽行幸の際に天皇がこの狸を気に入られ、歌に詠まれたことがきっかけとなって全国へと広がったそうです。

信楽焼はお隣の焼き物、伊賀焼とよく似ていて区別をつけることが困難ですが、器肌がやや粗く小石の粒が小さく多いのが特徴。

そんな長い歴史の信楽焼を手掛ける、

【文五郎窯】

創業は文久2年(1862年)
初代・奥田文五郎氏が開窯、信楽焼の窯元として、代々伝統を守り続けてきました。

現在は伝統工芸士である兄の文悟さん陶製浴槽盆栽鉢などの大型陶器を、弟である章さん食器を中心とした小物陶器の創作を行っています。

章さんの器は、「和」「洋」問わず、様々な料理を美しく引き立てるデザイン。
北欧の感覚を取り入れたシャープで柔らかな流線型のフォルムが特徴。

また、「いまのライフスタイルに合った、普段使いできる器を提案しています」と章さんご自身がお話されるように、購入しやすい価格帯にもその想いが反映されています。

代表的な作品は「信楽焼新総合展」優秀賞を受賞したリバーシブル皿

【滋賀県/文五郎窯(ぶんごろうがま)】陶芸作家「奥田章」 リバーシブル長角皿/小価格3,200円(消費税込:3,456円)(表面)

リバーシブル長角皿/小(裏面)

↓↓↓ご購入はこちらのサイトで↓↓↓

他にも、とってもオシャレで様々なお料理にもマッチする食器がございます♪
その商品の一部をご紹介♪

【滋賀県/文五郎窯(ぶんごろうがま)】陶芸作家「奥田章」 十草 モーニングプレート/ φ240 価格4,200円(消費税込:4,536円)

【滋賀県/文五郎窯(ぶんごろうがま)】陶芸作家「奥田章」 十草 丸椀 L 価格3,600円(消費税込:3,888円)

【滋賀県/文五郎窯(ぶんごろうがま)】陶芸作家「奥田章」 リバーシブル角盛皿 20×20 価格4,000円(消費税込:4,320円)(表面)

リバーシブル角盛皿(裏面)

何世代にもわたり代々伝統を守り続けながら、美しくモダンな信楽焼を生み出す「文五郎窯」の素敵な商品を是非、チェックしてみて下さい♪

それでは、またぁ♪

↓↓↓ご購入はこちらのサイトで↓↓↓

人気ブログランキングに参加してます♫
宜しければポチッとお願い致します!

全般ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

自由っていったい何なんだい?って問いかけ続けてもう40代( ̄▽ ̄;) 音楽好き♪映画好き♪歴史好き♪猫ちゃん好き♪酒好き♪好き過ぎ(*´∀`*)♪ 楽しく生きたいなぁって常に考えているフツーの会社員です( ̄▽ ̄)