【青山花茂(あおやまはなも)】宮内庁御用達の老舗花屋の魅力♪



今回は、宮内庁御用達の老舗花屋の

【青山花茂(あおやまはなも)】をご紹介♪

「スペースコーディネート」和食料亭のテーブル装花 ※公式サイトから抜粋

とても素敵なテーブル装花ですね♪

「青山花茂」は生花店の激戦区である青山で最初に創業した花屋で、政界財界芸能界いけばな界など多くのお客様に利用されています。

1904年(明治37年)
当時、東京の郊外だった青山に創業者北野茂吉が、仏前のお供え花を扱うささやかな生花店を青山善光寺の前に「花茂」と名付けて開業。
花を積んだ箱車を引きながら、青山一帯から麻布霞町、笄町、高樹町、原宿と少しずつお得意様を増やしていったそうです。

創業当初の箱車販売 ※公式サイトから抜粋

1916年(大正5年)
二代目・北野豊太郎が、赤坂区青山北町6丁目(現在の港区北青山3丁目表参道交差点付近)に新店舗を開きました。
店舗に電話を設置したことにより、新たな販路を獲得します。1日の店頭売上が1円の頃、電話設置料300円、年間使用料40円の超高級品だったそうです。

大正5年の店舗。現在の表参道交差点付近 ※公式サイトから抜粋

1944年(昭和19年)
太平洋戦争の中、空襲で店舗が全焼。戦災により、社員数や事業規模を大きく縮小し、終戦から2年後に、バラック同然の店ではありましたが、港区北青山3丁目(現在の青山花茂ビル所在地)で事業を再開。
戦災により社員数や事業規模を大きく縮小しての再スタートとなりましたが、3代目北野太郎による産地開拓や新規事業拡大により、現在の事業の礎が築かれました。

現在の店舗の場所はこの時から ※公式サイトから抜粋

1959年(昭和34年)
宮内庁への納品開始。以来、長年にわたり、ご宴会や催事の飾り花、日々の活け込みなど、ご用命を頂いております。

宮内庁記者会見の活け込み ※公式サイトから抜粋

↓↓↓ご購入はこちらの公式サイトで↓↓↓


「青山花茂」は、

「お客様に、『本物の花体験を』」

として、「全国に花を贈る(ギフトユース)」「空間を花で飾る(スペースコーディネート)」「ご自宅用の花(ホームユース)」「ブライダル(ブライダルコーディネート)」などあらゆるご要望にお応えしております。

では、ここで、「ギフトユース」「ホームユース」の商品の一部をご紹介します♪

母の日花鉢ハイドランジア <ダンスパーティ> 販売価格6,480円(税込)

父の日アレンジメント<キアラ> 販売価格6,480円(税込)

プリザーブドフラワー<ノエルブラン>販売価格7,560円(税込)

お正月アレンジメント<恵方> 販売価格7,560円(税込)

時期によって販売終了している商品もあるようなので、相談してみて下さいね♪
それにしても、どの商品もとても綺麗ですね♪

「ブライダルコーディネート」メインテーブルの装花 ※公式サイトから抜粋

★「青山花茂」のサービス★
都内13区域内は、自社配送員が直接お届け(港・千代田・中央・渋谷・世田谷・目黒・新宿・文京・品川・大田・中野・杉並・豊島)
全国配送も宅配便で対応
ご来店お受け取り以外は、5,000円のご注文から配送
ラッピングメッセージカード木札などは無料
・オンラインだけでなく、年中無休で電話注文も受付。カスタマイズが可能

★こんな方々におすすめ★
・大企業(役員秘書、総務、営業)、中小企業経営者、医者、士業
・30代~50代の方
・贈り物で失敗したくない方
・品質にこだわる方
・花好きな方、花に詳しい方へ贈りたい方

贈り物などももちろんですが、カフェなどお店のイベント地域のイベントに利用するのも、とても良いと思います♫

「スペースコーディネート」桜の一種活け ※公式サイトから抜粋

年に一度の記念日や、法人様のお祝い、お供えなど、失敗のできない特別な贈り物に「青山花茂」を是非ご利用下さいませ♪

それでは、また♪

↓↓↓ご購入はこちらの公式サイトで↓↓↓


人気ブログランキングに参加してます♫
宜しければポチッとお願い致します!

全般ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

自由っていったい何なんだい?って問いかけ続けてもう40代( ̄▽ ̄;) 音楽好き♪映画好き♪歴史好き♪猫ちゃん好き♪酒好き♪好き過ぎ(*´∀`*)♪ 楽しく生きたいなぁって常に考えているフツーの会社員です( ̄▽ ̄)