【墨流し】無形文化財の染色技法で作られた純日本製高級本革財布♪



墨流し(すみながし)とは、

「福井県指定無形文化財」

1000年以上の歴史がある伝統的染色技法で、
墨汁を水に垂らした際に出来る模様、またはその模様を染めた物。

平安時代の9世紀頃、川の水面に墨を落とし、川の流れによって作られる模様の変化を楽しんだ「宮廷遊び」が起源だと言われています。
その後、江戸時代になると、和紙の加工技術の確立で、その模様を和紙に写し取るようになりました。

今では、着物などの絹にも写し取られるようになっています。

西洋にも、似たようなマーブル(マーブリングとも。できる模様が大理石に似ることから)と呼ばれるものがあります。
マーブルの場合は、白黒ではなく、いろいろな色が出せますが、それは日本の墨流しが伝わったものだとも言われているようです。

【墨流しの方法】
色々ありますが、手軽なやり方として、
●平たいトレイに水を入れる。
●墨汁をたらす。
●先に油をつけた爪楊枝などで数回水面をつつく。
●墨の黒い膜に穴があくので、竹ひごを使ってかき混ぜる。
●渦巻き模様ができる。
●和紙に取れば完成。

墨の膜は油をはじく為、黒と透明の部分は混ざることなくきれいに分かれ、かき混ぜても混ざらない為、神秘的な渦模様が出来ます。

今回ご紹介するのは、そんな伝統的技法で作られた高級本革財布をご紹介♪



【黄綬褒章受章者 染色の匠について】

※公式サイトから抜粋。

墨流しの技術は、
元々小さな物しか染める事が出来なかったようですが、
匠は、およそ10年かけて、墨流しの技術を「着物一反分を一度に染める技法」へ取り組み、平成元年に「独自の墨流し染技法」を完成させています。

その後、匠は墨流しを他の染色法と融合させるなど、新しい試みを生かした着物を創作し、「黄綬褒章」を筆頭に数々の賞を受賞しています
※公式サイトから抜粋

【黄綬褒章(おうじゅほうしょう)とは】
褒章の一種。多年にわたり仕事に励んできた、人々の模範たるべき人に対して授与される栄典。
※新語時事用語辞典から抜粋https://www.weblio.jp/content/%E9%BB%84%E7%B6%AC%E8%A4%92%E7%AB%A0

ではここで商品の一部をご紹介♪

本革墨流し ラウンドファスナー財布【粋~sui~】墨色・錫色・蘇芳色 45,000円(税込48,600円)

完全受注生産で作る世界で一つだけの模様の入った本革製品。千年の伝統技術で熟練の匠が仕上げる極の一品。定番のラウンドファスナー財布

本革墨流し L字ファスナー財布【粋~sui~】墨色・藍鼠色・蘇芳色 39,000円(税込42,120円)

完全受注生産で作る世界で一つだけの模様の入った本革製品。千年の伝統技術で熟練の匠が仕上げる極の一品。スマートなL字ファスナー財布

本革墨流し 小銭入れ/小物入れ【粋~sui~】墨色・藍鼠色・蘇芳色 29,000円(税込31,320円)

完全受注生産で作る世界で一つだけの模様の入った本革製品。千年の伝統技術で熟練の匠が仕上げる極の一品。小銭入れ/小物入れ。カードポケット装備

ご自身で愛用も♪贈り物にも♪
無形文化財の染色技法で作られた「純日本製高級本革財布」
是非チェックしてみて下さい♪

では、また♪

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【純日本製 高級本革財布 通販サイトHANATORA】
▼いつもの日常を少しリッチな気分にしてくれるお財布。

▼誕生日、記念日、入学祝い、就職祝いに、
ギフトとして喜ばれています。

▼▼▼公式オンラインストアはこちらから▼▼▼
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


人気ブログランキングに参加してます♫
宜しければポチッとお願い致します!

全般ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

自由っていったい何なんだい?って問いかけ続けてもう40代( ̄▽ ̄;) 音楽好き♪映画好き♪歴史好き♪猫ちゃん好き♪酒好き♪好き過ぎ(*´∀`*)♪ 楽しく生きたいなぁって常に考えているフツーの会社員です( ̄▽ ̄)